*

財産的要件

公開日: : 最終更新日:2014/05/01 建設業許可申請

ある程度の規模の仕事を受注するために、建設業の許可をとるわけですが、やはり、それに見合った準備資金が必要です。
財産的基礎等を有していることが許可の要件とされています。

特定建設業は下請けを使う元請業者が対象とされているので、一般建設業許可よりも厳しく設定されています。

一般建設業許可

●自己資本が500万円以上
  
  法人の場合は貸借対照表の純資産合計の額です。
  個人の場合は期首資本+事業主借勘定+利益-事業主貸勘定+(負債の部に計上されている利益留保性の引当金と準備金)で計算した額です。

●500万円以上の資金調達能力

  担保となる不動産がある等、金融機関から融資が受けられる能力があるか。
  預金残高証明書、融資可能証明書、固定資産税の納税証明書、不動産登記簿謄本など。

●直前の過去5年間許可を受けて継続して営業した実績

  これは「更新」の場合です。

※一般建設業の場合は、このいずれかに該当すればOKです。

特定建設業許可

●欠損の額が資本金の額の20%を超えていない

  法人(繰越欠損金-法定準備金-任意積立金)÷資本金×100%≦20%

  個人(事業主損失+事業主借勘定-事業主貸勘定)÷期首資本金×100%≦20%

●流動比率が75%以上

  流動資産合計÷流動負債合計×100%≦75%

●資本金の額が2,000万円以上

  株式会社=払込資本金、持分会社=出資金額、個人=期首資本金

●自己資本が4,000万円以上

※特定建設業の場合は、このすべてに該当しなければなりません。

関連記事

欠格要件

欠格要件

欠格要件とは該当すると許可が受けられないものです。 他の要件は証明する書類等が無いと、そもそも

記事を読む

経営業務管理責任者

経営業務管理責任者

建設業の許可をとるには営業所(本社、本店)に経営業務管理責任者がいなければいけません。 経営業務管

記事を読む

建設業28業種

建設業28業種

建設工事は2つの一式工事と26の専門工事に分けられています。 必要な建設工事の種類ごとに許可を

記事を読む

変更届

各種変更届

建設業許可を受けた後、申請内容に変更があった場合には、一定期間内に変更の届出をする必要があります。

記事を読む

一般建設業と特定建設業

一般建設業許可と特定建設業許可

一般建設業許可と特定建設業許可があります。 違いは下請けに出す額で決まります。 特定建設

記事を読む

大臣許可と知事許可

大臣許可と知事許可

建設業許可には国土交通大臣許可と都道府県知事許可があります。 この違いは何でしょう? 大

記事を読む

誠実性

誠実性

建設業許可を受けるには不正または不誠実な行為をするおそれが明らかな者でない必要があります。 誠

記事を読む

建設業28業種

業種別許可

建設業許可は28業種に分類されています。 工事の種類ごとに、それぞれに対応する許可を受ける必要

記事を読む

専任技術者

専任技術者

建設業の許可をとるには営業所ごとに専任技術者が必要です。 専任技術者とは許可をうける業務について専

記事を読む

建設業許可

建設業許可は必要か?

町にはいろいろな工事業者さんがいますね。 すべての業者が建設業許可をとっているのかというと、そうでは

記事を読む


変更届
各種変更届

建設業許可を受けた後、申請内容に変更があった場合には、一定期間内に変更

確認書類
その他の確認書類

建設業許可にはたくさんの書類が必要です。 また建設業許可の要件を

建設業28業種
建設業28業種

建設工事は2つの一式工事と26の専門工事に分けられています。 必

申請書類
建設業許可申請書類

建設業許可申請に必要な書類 建設業許可申請には多くの作成書類や添

欠格要件
欠格要件

欠格要件とは該当すると許可が受けられないものです。 他の要件は証

→もっと見る

PAGE TOP ↑